早わかり!下肢静脈瘤の日帰り手術

下肢静脈瘤の治療を行うことができる施設

下肢静脈瘤は女性に多い疾患です。むくみの原因になってしまうこともあるので、出来るだけ治療を行ったほうがよいでしょう。積極的に手術を行ってくれる医療機関もあります。しかし体のことなのでできるだけ希望に沿う治療を行ってくれる医療機関を探すとよいでしょう。

下肢静脈瘤の治療を行う際には手術以外にも方法はあります。自分に合う治療法を提案してくれる医療機関を探すことが大切です。ウェブサイトを持っていて、治療法の違いを比較することができる医療機関もあります。いくつかの選択肢があるところのほうが安心出来るでしょう。

また費用に関しても気になるという人はいます。保険適用となることが多いので、あまりにも高額な治療費がかかってしまうということはほぼありません。どれくらいの費用が必要になるのか、手術を行う前に確認をすることができる医療機関もあるので参考になります。

赤羽静脈瘤クリニック

総合評価 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★
サービス性 ★★★★★
掲載量 ★★★★★

ポイント

  • 日帰り手術専門であるところがとても便利
  • 東京やさいたまで下肢静脈瘤の治療を専門的に行っている
  • 経験豊富な専門医が居るので安心できる

下肢静脈瘤の日帰り手術をしている専門のクリニックです。経験豊富な専門医が居るので、その点も安心できます。また、東京や埼玉などの地域に住んでいる人なら手軽に日帰り手術を受けられて便利です。

まず、検査を受けましょう。下肢静脈瘤かもしれないと思っていても、実際には違うこともあります。きちんとした検査を受けることによってどんな病気か明確になります。もし、別の病気だったとしても他の医療機関と連携体制を取っているので安心です。

赤羽静脈瘤クリニックでは丁寧な説明を心がけており、患者様が安心できるような対応を行っています。待ち時間も最小限に抑え、患者様が満足のいく接遇をしているところも評判になっています。

公式サイトはコチラ

お茶の水血管外科クリニック

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★
利便性 ★★★★
サービス性 ★★★★
掲載量 ★★★

ポイント

  • 下肢静脈瘤の手術の日帰りができる専門病院になっている
  • 担当のスタッフからリアルタイムでチャットで回答がもらえる
  • 診察室が3部屋あることによって同時に3人まで診察ができる

お茶の水血管外科クリニックは、下肢静脈瘤の手術の日帰りができる専門病院です。日帰りが可能な特殊な局所麻酔によるストリッピング手術によっています。この手術は健康保険の適用がありますので、経済的な手術でもあります。そして、従来の手術よりも再発を予防することができます。

公式サイトからチャットで相談することができます。担当のスタッフからリアルタイムで回答をもらうことができるようになっていますので、ちょっとした疑問や悩み事などに利用ができます。

また、診察室が3部屋もありますので、同時に3人まで診察が可能になっています。その分患者さんの診察までの待ち時間を短縮することが可能です。

公式サイトはコチラ

新宿外科クリニック

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★
利便性 ★★★★
サービス性 ★★★★
掲載量 ★★★

ポイント

  • 下肢静脈瘤の日帰り手術を行うことができる
  • レーザー手術でも保険を適用することができる
  • 入院をする必要が全くないから患者さんの負担が減る

新宿外科クリニックの下肢静脈瘤に関するレーザー手術では、日帰り手術を可能にしています。手術時間としては1時間30分ほどで完了し、その後休憩した後に帰宅することができます。クリニックの滞在時間はおよそ2時間ですので、患者さんの負担は軽いと言えます。

下肢静脈瘤に関するレーザーは「ELVeS 1470」を用いており、これは保険治療の対象になりますので、1割~3割負担で済みます。片足のレーザー手術(3割負担)で4万円から5万円といったところです。

下肢静脈瘤の手術は病院によっては何日か入院した後に行うということが一般的ですが、新宿外科クリニックではレーザー手術であっても、入院をする必要がありませんので、患者さんの負担はかなり軽減されます。

公式サイトはコチラ

楽クリニック

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★
利便性 ★★★★★
サービス性 ★★★★
掲載量 ★★★★

ポイント

  • 院長による丁寧な説明、診察、治療による安心感
  • 日帰り手術を治療方針とし、2800件を超える豊富な手術実績
  • 土、日も診察があるため忙しくても予約可能

楽クリニックは下肢静脈瘤専門のクリニックです。大規模な病院とは違い、最初の診察から手術まで院長が丁寧に対応してくれます。説明においては、難しい専門用語を極力避け、治療から予防まで説明もとてもわかりやすいです。

院長は開院以来2800件を超える手術実績があります。その治療方針は日帰り手術とし、そのための最新の機器を取り揃えています。また、学会にも活発に参加し、技術の修得に努めています。技術だけでなく、安心して治療を受けてもらうためのインフォームド・コンセントにも力を入れています。

平日は家事や仕事で忙しく、予約がとれないという方のために、楽クリニックでは休診日である木曜日以外は土、日も診察を行っており、予約制のため時間に余裕を持って診察や検査を受けることが可能です。

公式サイトはコチラ

よつば循環器科クリニック

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★
利便性 ★★★
サービス性 ★★★★
掲載量 ★★★★

ポイント

  • 下肢静脈瘤の治療を検討している方に役立ちます
  • 治療費に関しても明確なので安心です
  • 日常生活で気を付けることも教えてくれます

よつば循環器科クリニックは下肢静脈瘤でお悩みの方、それから治療を検討している方の力になってくれます。こちらのクリニックは他にも循環器科や心臓血管外科、心臓ドックや予防接種、一般健康診断なども行っていて普段から利用する事が出来ます。

また、下肢静脈瘤の治療にかかる費用も明確になっているので、安心して治療、手術をしてもらう事が出来ます。初診時には、検査などを含めた料金、入院手術や、術後の再検診などわかりやすくて便利です。

年齢に関係なく、日常生活で気を付けることも教えてくれるので便利です。こちらの業者さんなら事前に電話での問い合わせも出来て便利です。

公式サイトはコチラ

サトウ血管外科クリニック

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★
サービス性 ★★★★
掲載量 ★★★

ポイント

  • 下肢静脈瘤の手術の実績が多数ある
  • 土曜日の午前中も診療が可能である
  • 手術中の痛みを感じないで済むこと

下肢静脈瘤の手術を年間約800から1000例以上行っているほどの実績があるクリニックです。そして、それ以外にも高血圧や不整脈をはじめとした各種の心臓疾患にも対応できるクリニックでもあります。

また、サトウ血管外科クリニックは、月曜日と日曜日は終日休診となります。またそれ以外にも木曜日と土曜日の午後は休診となっています。ただし土曜日であっても午前中は診療を行っていますので、平日忙しい方でも土曜日の午前中ならば診療してもらえます。

下肢静脈瘤の手術には麻酔科医が立ち会って、静脈麻酔で行うことで術中の痛みは全くないです。そして、皮膚切開を行わないことから、手術が終わった後の痛みも少ないです。

公式サイトはコチラ

下肢静脈瘤の具体的な症状と治療方法

下肢静脈瘤は日常生活の中でも身近に感じることができる血管の病気となりますので、早めの治療が必要です。通常は命を失う危険は全くありませんが、軽症だったとしても美容面で表面に浮かんでくるので対処しなければならない状態となります。さらに悩むだけでなく重症化してしまうと体に不快な状態を引き起こしてしまうので、病院で適切な治療を行わなければなりません。下肢にある静脈をみていくと筋肉などの中を血流を巡らせる深部静脈などが分類されていますが、この部分が欠損してしまいます。症状が悪くなり、血液が立った時に逆流することもあります。徐々にコブになってしまうと下肢静脈瘤となり、痛みなどを引き起こしてしまうので危険です。特に女性は妊娠や出産で発症してしまうことが多いため、子育て中には注意しなければなりません。

下肢静脈瘤は部位や太さで名称が異なり、治療方法も変わっていきます。病院で検査する時には具体的に状態をチェックしながら、分類していくこととなります。まず網目状静脈瘤というのは皮膚のそばに小さい静脈がありますが、膝の後部に多く存在しています。半径1ミリから3ミリの静脈が体内に網目状に拡がっていますが、皮膚の中にある毛細血管が拡がっていくと発症します。血管はクモの巣状に広がって見えることもありますが、発症しても自覚症状が全くありません。時折局部に違和感を感じることもありますが、美容で影響を与えてしまう時には静脈瘤を切ったり硬化療法によって治療を進めていきます。分枝型静脈瘤は枝分かれしている静脈で発症してしまいますが、痛みや皮膚炎を引き起こさないのが特徴的です。これも静脈瘤切除や硬化療法を行い、治療を進めていくことになります。症状が悪化すると伏在型静脈瘤を引き起こしてしまうと逆流防止用の弁が全く機能しなくなってしまい、足にある瘤に多くの血液を溜めてしまいます。足がむくんだりだるくなるので、外科手術などを行い処置します。

静脈瘤というのは大半の人が発症してしまいますが、早急に下肢静脈瘤を処置しなければなりません。生活の質を高めていくために下肢静脈瘤の治療が必要ですが、過度に恐れないようにしましょう。最近は各メディアでも下肢静脈瘤が注目されており、知名度を高めつつ治療を促しています。しかし間違った情報も出てきているので注意しなければならず、例えば治療しなければ下肢静脈瘤によって血栓が心臓などに飛んでいって、心筋梗塞を促してしまうなどの情報です。症状が悪化しても足を切断するなどの治療方法は存在していませんので、病院で正しい説明を受けるようにしましょう。医療機関でしっかりと治療を行いながら、不安や懸念を解消することが重要です。患者に対して医師なども正確な知識を把握しておかなければならず、対応をチェックしながら病院に通うか判断することも必要です。

MENU

TOPへ戻る